カツオノカンムリ人生ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 頚椎症その後について

<<   作成日時 : 2017/02/13 13:11   >>

トラックバック 0 / コメント 5

頚椎手術についてコメントがありましたことから、文章長くなりそうですので、その後について記したいと思います。
※トマトさん、コメントありがとうございます。

まず、結論から先に申しますと、

・脊髄損傷(組織が変性し白くなる)していなければ予後は良い。すぐ全快します。
・脊髄損傷していたら、手術でそれ以上悪化はしないが、頚椎の神経損傷は不可逆なので劇的に良くはならない。
・どちらにしても手術は医師に指摘されたらなるべく早くした方がよい。
・手術後は脊髄損傷があるなら、ムリせず暫く可能な限り休養すべき。

という感じです。

私の場合は、手術に怯えたことや仕事などもあり1年間先延ばしし、耐えられる限界(手足の痺れや麻痺、めまいや倦怠感、歩行困難、箸も持てない、スマホつかえない、風呂掃除が困難、排泄もおかしい、などなど日常生活ももうムリ)まで我慢し、ぎりぎりで手術しました。術後ひと月で仕事に復帰しました。手術後の変化は、神経の位置がズレる(私の場合、後方にズレました)ことによる痺れや痛む部位の変化、また背中の一部に感覚がない部分が出来た、などです。が、これらはまあそれまでの症状からすれば取るに足らないことではあります。
その後一時的には回復した気がしましたが、術後半年くらいから再び体調が悪化し始めました。1年半徐々に悪化しつつなんとか仕事してましたが、ついにギブアップ、現在はまた休養中です…。

仕事中、片道1時間程の通勤や8時間机についてパソコンでの業務は私には地獄でした。会話するのも疲れて嫌になるほどでした。休養前は職場の皆さんには大変迷惑をかけましたが、通勤時間帯を外してもらい、業務時間もぎりぎりまで減らしなんとか対応してました。
しかし帰宅すると動けなくなるくらい疲労困憊しました。最後のほうは週4日勤務でした。またその後の調査で重度の鬱病症状/パニック障害、自律神経失調症も併発していることに気づきましたが、心療内科の診断では鬱病的な症状はあくまで首からくる疲労によるもので鬱病ではないとの診断でした。が、パニック障害はやはり首から来ているようですが発症しているとの診断でした。

その後休養し徐々に回復している気はしますがダメなときはダメという状況です。リリカという薬のおかげで、通常時は手先の痺れくらいです。が、天気が悪くなるとまるで重力に押さえつけられるかのようにカラダが重たくフラフラになります。また時折パニック障害の症状が出そうだなと感じた時は、頓服でリーゼという安定剤を服用しています。そういった対処で何とかかんとか日々やっていけてるという感じです。
しかし現状、机に向かえるのは2?3時間くらいが限界です。横になれば回復しますが依然として疲れやすいです。
またリリカやリーゼはまるで認知症みたいな、ぼーっとした感じになりますので、頭脳労働はなかなかにハードです。ハードですが、リハビリも兼ねて私には難しいことに出来るだけチャレンジするようにしています。ただ電子回路やプログラミングなど、ホント頭に入らなくて苦戦します(笑)

そんな状況ですが、とは言え手術していなければ既に四肢麻痺とか、死んでる可能性すらありますから、手術はして本当に良かったなあと思います。ただ症状が軽いうちにさっさとやっておくべきだったと激しく後悔もしています…。
私の場合、脊髄の断面積で7割近くが潰れてましたし、やはり断面積の7割が変性してしまってます。手術前に医師からよく歩けるなあ、と言われたくらいです。
ですから今、数時間でも連続して動き回れて、掃除も出来るて、スマホも(打ち間違えが多くイライラしますが…)使えているだけマシ、というか奇跡というか、まだ良かったなと思います。手術もつくづくやって良かったと思います。先生方には感謝してもしきれないです。

今後ですが、貧困な私はこれからは恐らく70歳になっても仕事をしなければならない時代になると考えてます。そもそも仕事があるかどうかは全く前途不明ですが、今は出来うる限り休養とリハビリに励み残りの人生出来うる限り全力で行けるようにしたいと考えてます。
また認知症みたいな状況を脱したいので、出来ればリリカが無くせたらいいのですが、今は減らすとてきめんに痺れや痛みが出てしまいます。
ただ最近脊髄損傷自体を修復する医療も出てきているようですので、克服できる時代が来るかもしれません。大変期待しております。

しかし、そもそも脊髄損傷が進んでしまう前に何とかしておけば良かったわけでして、繰り返しになってしまいますが、これから手術される方には、とにかくなるべく早く手術したほうがよいと断言いたします。また手術後はムリせず可能な限り休養してほしいと思います。それで予後も随分と変わってたのではないかと考えております。

こんな感じで現状及び雑感を記しましたがご参考になれば幸いです。またご質問等ありましたら、あくまで自分の経験の範囲となってしまいますが回答いたします。
よろしくお願いします。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
ご返信ありがとうございます。

先日、あるブログを見つけました。

突然痺れだしたと思ったら
ヘルニアで
7割圧迫していたそうです。
早急に手術をし
3か月のリハビリをし
8年経った現在は
パートしながら、旅行など
楽しまれていらっしゃるのです。

ヘルニアは、かなり圧迫するまで症状が出ないのでしょうか。

私はヘルニアではなく「変形性頸椎脊髄症」なので
骨棘が脊髄を圧迫するためか
痛みや痺れが強いです。

整形外科は「歩行困難、ボタンが留められない状態になるまで手術はしない。」「5割くらい圧迫が見られないとオペしません。」って話すのです。

自分としては身体が痺れ、頭痛、力が入らないので
手術をしたいのですが・・・

カツオさんはパニック障害のようなものは首からなのでしょうか。
少しずつお薬が減るといいですよね。

私も突然泣き出したり
胸が締め付けられたりします。

リリカは利くのですが
胃痛は大丈夫ですか?
私は眠くなるし
胃痛がひどく合わなくてやめました。。


とまと
2017/02/14 08:41
早速コメントありがとうございます。
トマトさんもなかなかお辛い状況ですね。よくわかります。傍目にはなかなかわかってもらえないのも辛いですよね。

私と症状は多少異なるものの、パニック障害か不安障害みたいなものは併発しているのかもしれませんね。やはり体調悪いと色々不安になり精神的なストレスも甚大になる為ではないかと想像しています。パニック障害は整形外科の医師は診断も治療もできませんので、心療内科等で診てもらう必要がありました。リーゼは軽いクスリみたいですが、効果は抜群で、以来パニック障害が重篤なレベル(救急車)で発生することは無くなりました。この辺は自分で動かないと整形外科では対処しようが無いようです。

リリカはかなりボーッとしてしまうので、私も出来れば辞めたいです。リリカ合わないという人も多いみたいですが、私はリリカなしでは歩くことさえ困難でした。眠さは慣れれば解消しますが、何しろ認知症みたいに理解力が落ちてしまうのが厳しいです(今は何もしてませんから問題ないですが、何をするのもスローです…)。
そあとれ
2017/02/14 11:13
(コメント字数制限で分かれました。つづきです。)

手術は私のケースとは違うようで適切な回答は難しいのですが、整形外科の先生は基本運動障害の有無が手術の判断基準みたいです。痛みとか痺れについては必ずしも手術の基準になってないようですね。上記の通り術後に色々また違う症状も出ますし、リスクとの兼ね合いのようです。しかし痛みや痺れ倦怠感は日常生活でホント辛い部分ですからね…。

脳神経外科は逆に神経そのものを重視してるようですので、脳神経外科に行ってみるというのも有りかなと思います(私は整形外科でも即手術でしたので行きませんでした)。

個人的には、とにかく脊髄が白く変性してしまうと私のように予後が悪いので、やっぱり早く手術したほうが良いなと思います。冒頭の方は、恐らく変性がなくまた術後十分休養されたのが良かったのかもしれませんね。
そあとれ
2017/02/14 11:14
ご返信ありがとうございます

カツオさんは、リリカを飲まないと
どうなりますか
痛いですか?

私は夜リーゼの方が合ってるみたいですが
日中はリリカとリマプリストを
たまにセレコックスなど飲んでます。

痛いので仕方ないと思いつつリリカはかなり胃が痛くなり口内炎ができます。
お薬飲まないで暮らしていなぁ・・・
多少の手足の(ちょっとつまずいたりものを落としたりする)は仕方ないとして・・・
手術したら痛みは改善するのでしょうか。

カツオさんの正式病名は
ヘルニアですか?(ヘルニア頸椎脊髄症?)

今後、お仕事も考えられているとのとこ・・・
私は、まずは子育てですが(それもギリギリ困難)・・・その後仕事が目標です

現在の
日常は、どのくらい歩いたり
または電車やバスは乗りますか?
(私は東京の電車怖いです)
途中疲れたり痛くなりませんでしょうか・・

また、どこかにお出かけもされていますでしょうか。

先日のコメントで
カツオさんはギリギリまで手術されず、その後、すぐに
お仕事され(パソコンなど)休養できなかったので
予後はよくなかったと書かれていましたが。。。
同じ病気(病院仲間)でじっくり休養されてすっかり善くなった
方もおられるのでしょうか。

働き盛りや主婦は難しいですが
リタイアされた方々は休養できますね・・・

たくさん質問すみません
とまと
2017/03/13 08:18
とまとさん
電車、バスや、都会、またモノを落としたりと、もうイチイチうなずきながらコメント読んでました。私も全く同じでした。
お子様の子育ても私は子供いませんが、さぞや大変なことは容易に想像できます。私も職場で会話するだけでも辛かったですし、うちのインコちゃん達が私に群がってくるだけでも厳しい時があります。
色々ご質問いただきましたので、またブログ上に現状含め書きますね。
そあとれ
2017/03/13 08:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
頚椎症その後について カツオノカンムリ人生ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる