カツオノカンムリ人生ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 頚椎症と歩行とMUSE細胞

<<   作成日時 : 2017/03/13 14:39   >>

トラックバック 0 / コメント 1

トマトさんのコメントでのご質問への回答です。

画像

●リリカを飲まないとどうなりますか。痛いですか?

回答:
リリカは急に止められないので、完全に飲まない、ということはありませんが、飲む量を減らしたり飲み忘れたりすると、やはりジワジワ手の痺れ等痛くなります。
しかし手術前、リリカを処方される以前はもう歩く気力すら失われてました。が、リリカ後は多少健常者のように歩くことが出来たので、効果はてきめんでした。まるで魔法のようで、一時はこれで手術回避も出来るかと思ったくらいです。
ただ手術直前頃には大量に増やしたリリカすら効果が無くなりどうにもなりませんでした。


●痛いので仕方ないと思いつつリリカはかなり胃が痛くなり口内炎ができます。お薬飲まないで暮らしていなぁ・・・

回答:
ホントそうですね…。
私は幸い、頭がボーッとして認知症ぽくなる、太る以外の副作用はありません。ただリリカ値段も高いし認知症ぽいのも困りますから、私もトマトさんと同じくホント辞めたいです。医師からもそろそろ減らしていこうかと言われてますので、徐々に減らそうかというところです。因みに現在1日225mg飲んでます。
またリーゼは確かに効きますね。こちらもボーッとしてしまいますが、痛みとは違う何か気持ちがザワザワとし始めたら頓服で飲んでます。そういう時に飲まないと、いわゆるパニック障害的な症状が発生してしまいます。


●多少の手足の(ちょっとつまずいたりものを落としたりする)は仕方ないとして・・・手術したら痛みは改善するのでしょうか。

回答:
「つまずきやモノを落とす」を読み、そうそうこれこれと思わず頷いてしまいました。そういえば、つまずきは現在の休養でかなり改善してきてます。普通に歩いていてもしょっちゅうつまずいていたことを忘れつつあります。モノは一時箸も持てないこともありましたが、今は意図せず落とすのはまだ有りますし、握力が無い時もありますがかなり改善しています。気になるのはまだスマホのタイプが打ち間違いが多く閉口します。ただ手術前はスマホタイプなんてムリな時もありましたが…。ので、改善はしてます。
また手術による痛みは指先の痛みは部位がむしろ増えてしまったり、手術前と違う場所が痛んだりしてます。ただ我慢出来なくなるのは天気が悪い時で、それ以外はリリカもありますがなんとか我慢出来る範疇です(痛みで疲れはします)。また多少の痛みは手術前の状況に比べたら、嫌ではありますが些細なことと感じてます。手術で感覚が無くなった背中の一部も徐々に感覚が戻りつつあるようです。ただ手術後気になるのは、左足の指の感覚が無くなったことです。ただこちらは腰付近のヘルニアによるものかもしれません。


●カツオさんの正式病名はヘルニアですか?(ヘルニア頸椎脊髄症?)

回答:
はい。脊柱管が元々狭いところにヘルニアが合わさり発症しました。恐らくずっと前から圧迫はあったのでしょうが、ヨットのギア修理の際に腕を伸ばし頭をグイと反らした際にビキッと痺れ症状が発生しました。その際の数ヶ月前から右手首が痛みましたが、腱鞘炎と思ってました。しかしここ数年、人に比べてスタミナ無いなあと感じてましたので、やはり発症前から影響はあったのだと思います。
今は毎日の30分くらいの運動の効果か、体力は回復して来たと感じてます。


●現在の日常は、どのくらい歩いたりまたは電車やバスは乗りますか?(私は東京の電車怖いです)。途中疲れたり痛くなりませんでしょうか・・また、どこかにお出かけもされていますでしょうか。

手術前、一番苦痛だったのは東京への電車通勤でした。へたり込みたいのをなんとか吊革に捕まり我慢してました。痛みはもう筆舌しがたい状況です。疲れ果て一日の終わりにはフラフラになりました。
またバスは更に揺れるので、椅子が必須でした。打合せにバスで行くのが辛い時もままありましたので、自腹でタクシーも使いました。歩きも5分、10分くらいが最大でそれ以上は出費はかさんでもタクシー使ってました。また靴は厳選したクッションの柔らかいものを使いました。ビジネスシューズは履けないので、スーツに運動靴はという妙な格好で仕事してましたね(笑)
またサスペンションがない自転車は駄目で、またサスが硬いクルマも駄目でした。運転はいつ事故るか不安になりながら運転してました。

手術後も同様でしたが、休養後はこれらは少しづつですが改善しています。通勤してないので耐性は不明ですが、たまに東京に出る分には問題ないだろうと思います。
また自転車もサスペンションはイスに付けてますが今は少しは乗りますし、靴のクッションも以前程には気にならなくなりました。またクルマも車種は気にしなくなり(ニコニコレンタカーです)ました。

(赤岳鉱泉でのアイスクライミング体験)
画像

更に旅行ですが、写真のとおり、先週末の土日に片道3時間半も歩いて30年ぶりに八ヶ岳山麓に行き、アイスクライミングをしました!
アイスクライミングでは写真の通りピッケルを氷に突き刺し、ピッケルを握って身体を支えるという脊髄損傷者には途方に暮れるような作業が必要です。他の人に比べたらダメダメでしたが、以前、箸を落としてしまったり、食べ物を箸で切断するのも困難であった事を考えたら驚きの進歩です。
ただし昨日・本日は天気も悪いこと、膝の故障、筋肉痛も重なり、頚椎症の神経痛と合わせほぼ寝たきりです…。左足の小指も無くなってしまったみたいになりました(徐々に直りつつありますが)。ちょっと負荷高すぎましたね…。因みにクッション性が高い雪山シーズンだから行けたのでありまして、無積雪期の岩やゴロゴロしたような登山道ですと、まだちょっと自信ないというかムリです…。

それにしても手術と休養以前にはこんなことが出来るなんて全く考えられないことです。そもそも行く気になりませんでした。また高い所(山や飛行機)ではいつも失神みたくなってましたが、今回は問題無かったです(ただしリーゼは飲みました)。
ですので、変性した脊髄は残存しつつも明らかに徐々に回復しつつあるとは思ってます。他にはブログの通りヨットで釣りをしたりしてます(運動量は低いです)。
※ただ歩行や机に向かう時は常に首の輪っかをしています。輪っか無しでは短い時間なら大丈夫ですが、長くなると指先や手足首がすぐに痛くなります。また輪っかをしていても数時間おきに横になるなど休息しないと辛いですね…。でも歩けるようになっただけでも大きな進歩に感じています。


●先日のコメントでカツオさんはギリギリまで手術されず、その後、すぐにお仕事され(パソコンなど)休養できなかったので予後はよくなかったと書かれていましたが。。。同じ病気(病院仲間)でじっくり休養されてすっかり善くなった方もおられるのでしょうか。

回答:
じっくり休養して回復した人で知り合いの人はおりません。今のところ私だけの体験になります。ただ実は私の上司も頚椎ヘルニアで手術しました。が、彼は脊髄損傷はなかったようで手術後ひと月くらいでほぼ全快していました。首の輪っかも手術後は全く不要になってました。逆に何故私は改善しないのかと訝しがってました。
従いまして脊髄変性が無ければ、手術ですぐに改善するようです。とは言えある程度休養は必要かと。脊髄損傷が無ければ上司の様にひと月くらいでもよいのかもしれません。私もヨット修理直後の症状の時点では手首が痺れるくらいでしたから、先生の指示に従いすぐに手術していれば、こんなことにはならなかったろうと後悔しています。
トマトさんも、もしまだ脊髄が変性していなければ、たとえボタンがはめられなくなっても手術すれば数ヶ月で完全に回復するんではないかと思います。
因みに変性はMRIでしか見れませんので、もしまだMRIをしてないようでしたら、至急検査すべきと思います。画像で脊髄内部が白く写っていたら変性していることになりますので、私なら医者を変えてでもすぐに手術します。

P.S.
話は変わりますが、先日のニュースでMUSE細胞という未分化のES細胞みたいなものが発見されたそうです。脳梗塞で脳細胞が失われ歩行出来なくなったマウスに人間のMUSE細胞を注入したところ、歩行可能にまで回復したそうです。驚くべきことにMUSE細胞は人間のものをマウスに使えるほどに万能だということで、人間同士なら自他ともに有効なことです。またこの細胞は皆が持っているので、破壊された組織も時間を掛ければ修復されるんだそうです。ただ、自分のものだけでは数が足りないそうで、2021年からはマウスと同様に人間での治験も始まるそうです。
私も脊髄はもう回復はムリと言われながらも、静養してからはほんとに徐々ではありますが上記のように明らかに回復傾向にあります。
このMUSE細胞の件と自身の実体験を踏まえますと、数が足りない万能細胞であっても負荷を減じたため、修復されているんではないかと考え多少でも未来に希望が持てるようになってきました。
上記治験が始まれば、脊髄も脳の一部みたいなもんでしょうから、近い将来治せるようになるかと思います(とは言え原因となる圧迫を減圧する手術は必要ですが…)。
※小保方さんのSTAP細胞はなんだったんですかね…

http://www.stemcells.med.tohoku.ac.jp/outline/

そういや自転車でコケて脊髄損傷した谷垣さんも状況はかなり酷いようですが、少しづつ回復はしているみたいですね。がんばって頂きたいものです。
http://news.livedoor.com/article/detail/12793905/

(八ヶ岳 赤岳)
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
お礼が遅れて申し訳ありませんでした。

ご丁寧なご説明に
私も「そうなんです。分かる!!。」と
独り言・・・・(笑)
じっくり拝読させていただきました。

ですが、私は・・・・
カツオ様のように

体力が無く(泣)
子育てと近所ウロウロが精いっぱいです。

ほんとうにはやく善い医療があればいいなーって
思っています。


とまと
2017/04/17 18:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
頚椎症と歩行とMUSE細胞 カツオノカンムリ人生ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる